2020年

スノーシューイング・イベント[2021]最新状況

日本スノーシューイング連盟が主催、主管、後援する2021年度のスノーシューイング・イベントの最新状況をお知らせします。新型コロナ禍の下、各イベントの実行委員会が開催に向けて鋭意努力しておりますが、結果として皆様にご迷惑、ご心配をおかけするようなことになる場合はご容赦いただければ幸いです。   ■ 【 グランプリ・シリーズ[2021]奥志賀大会 】 残念ながら、中止せざるを得なくなりました。詳細は実行委員会の告知文をご参照下さい。-10/16/2020   ■ 【 グランプリ・シリーズ[2021]日光大会 】 残念ながら、2022年に再延期せざるを得なくなりました。詳細は実行委員会の告知文をご参照下さい。-10/16/2020   ■ 【 グランプリ・シリーズ[2021]白山大会及び妙高大会 】 会場となる各クロスカントリー・スキーコースが使用可能となれば開催する方向です。10月末頃までには明確になり、開催の場合は11月15日頃から参加申込受付けを開始いたします。-10/16/2020   ■ 【 雪山登山用スノーシューイング技術講習会 in 湯沢 [2021] 】 開催します。詳細は実施要綱をご参照下さい。-10/16/2020   ■ 【 レース用スノーシューイング技術講習会 in 日光 [2021] 】 開催します。詳細は実施要綱をご参照下さい。-10/16/2020

〖 シェアしましょう 〗

[世界選手権 in 妙高] のコース設定

世界スノーシューイング選手権に参加される皆様   皆さん、こんにちは。妙高高原の関根です。大会まで約1か月となりました。   ご存じかも知れませんが、今シーズンは妙高高原も含め全国的にはとても雪が少ないです。 自然相手ですので仕方ありませんが、今までこんなことは記憶にありません。   雪は少ないですが、妙高高原地区のすべてのスキー場は稼働しています。一番心配されておられるのが、大会が開かれるのかという点かと思いますが、大会中止は考えておりません。   現在以下の3つのケースを考えています。   (1)         今後順調に雪が降り、当初の予定通りのコースを使う。 (一部コースを山間部にするのですが、現在ブッシュが多く、入れません。) (2)         山間部が使えないと決定をした場合、クロスカントリーコース5km2周と2,5km1週の12.5kmコース、もしくは3kmコース4周で開催する。(現在5kmコース閉鎖されています) (3)5kmコースが使えないと決定した場合は2,5km5周もしくは3kmコース4周とする。   また随時情報を提供させて頂きますが、上記のいずれかの形で大会開催は可能と考えています。   今後の雪に期待するとともに、皆さんにお会いできることを楽しみにしています。   関根壮一郎 大会ディレクター

〖 シェアしましょう 〗