2020年

[世界選手権 in 妙高] のコース設定

世界スノーシューイング選手権に参加される皆様   皆さん、こんにちは。妙高高原の関根です。大会まで約1か月となりました。   ご存じかも知れませんが、今シーズンは妙高高原も含め全国的にはとても雪が少ないです。 自然相手ですので仕方ありませんが、今までこんなことは記憶にありません。   雪は少ないですが、妙高高原地区のすべてのスキー場は稼働しています。一番心配されておられるのが、大会が開かれるのかという点かと思いますが、大会中止は考えておりません。   現在以下の3つのケースを考えています。   (1)         今後順調に雪が降り、当初の予定通りのコースを使う。 (一部コースを山間部にするのですが、現在ブッシュが多く、入れません。) (2)         山間部が使えないと決定をした場合、クロスカントリーコース5km2周と2,5km1週の12.5kmコース、もしくは3kmコース4周で開催する。(現在5kmコース閉鎖されています) (3)5kmコースが使えないと決定した場合は2,5km5周もしくは3kmコース4周とする。   また随時情報を提供させて頂きますが、上記のいずれかの形で大会開催は可能と考えています。   今後の雪に期待するとともに、皆さんにお会いできることを楽しみにしています。   関根壮一郎 大会ディレクター