講習会報告書

【 山岳スノーシューイング技術講習会 in 湯沢 [2019] 実施要綱
〖趣意〗 対象は、競技、登山、自然観察など山岳でスノーシューを使っておられる人。これから始める人。より効率的に雪上活動ができます。
〖開催日〗 2019年1月27日(日);日帰り
〖コース〗 越後湯沢駅周辺の山岳

〖 講師報告 〗

越後湯沢スノーシューイング技術講習会を無事終了しました。午前中は駅中の座学と近場の雪面でのレクチャー、午後は雪山登山、と設定通りのスケジュールをこなしました。登山では過去一番の積雪量で膝上までのラッセルを強いられ、目的地までは無理と最初からわかったので、“時間を決めて断念”を通告しておき、通告通り14時半で撤退しました。
水上宏一郎 (日本スノーシューイング連盟専務理事/技術指導部長)

 

 

〖 受講者感想 〗

本日は午前から午後にかけ、スノーシューイングの理論と実践を丁寧に教えてくださり、本当にありがとうございました。
午前中は身体の使い方がぎくしゃくしていたのですが、実際に雪深い山中へ入ってみると、体重をのせて腰を回転させながら前進するコツがわかってきました。これは一般的ツアーで決して体験することのできない技術であり楽しさですね。改めて、今回思い切って一人で申し込んでみてよかったと思いました。
来週は、長野県の山小屋に泊まりながらスノーシューを楽しむ予定です。頂いた各種資料を再度読み直し、身体の動きを頭の中で整理した上で、実践してみようと思います。
受講生Y

〖 シェアしましょう 〗